実況高橋アナのモーター太鼓判

No.51

近況の派手さピカイチ!!!

2024/6/8更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
233 5 0 5.87 6.65
43.3 56.5

最初に使った選手が、後に蒲郡に参戦して「あの時のモーター凄く良いかったけどどうなりました・・・」そんな言葉を吐いたのが落合直子選手です。男女Wで69号機の上田紗奈選手が超抜だっただけで、落合選手もかなりの仕上がりだったようです。他にも繁野谷選手も伸び型に掛かりで仕上げたり・・・試運転は抜群のレース不一致の木山誠一選手・・・高山敬悟選手も伸びは密かにインパクトがあった。振り返ると片鱗はありました。
 これは本物だと思わせたのが白水勝也選手です。回せば回す程足が良くなるパターンで、足ばかり求めるとターンが出来なくなる。それを終盤修正した。その後のSGでは地元の赤岩善生選手が行き足出足を上位に仕上げた!!!!
温水パイプが付いた冬場も、選手の好みで色んなペラ形状で乗られましたが、それなりの反応が出てくれました。ルーキー戦の仲道大輔が優勝戦2カドで乗り上がったのも、この51号機です。温水パイプが取れてから想像以上に止められるのか、直線系が目立つことが多いです。GIを含めてあと2節、使い納めに向けての勢いと期待度はナンバーワンのモーターです。GIの前検で引き当てた中村晃朋が「完全に持て余していて、上手く止めたら出そうです。形の近況自分が出ている形にも近いです」と期待出来る話しを聞かせてくれています。

  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
No.62

今だけではない季節が変化したときに更に!!

2024/6/8更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
219 10 3 7.08 7.18
60.3 61.4

 選手は色んな表現をしてくれるから面白い。「もっと気温が下がって回る季節になったら、もっと楽しみがあるんじゃないですか・・」と夏場なのにあえて体感の軽快さばかりを求めずに調整していて優勝まで導いたのが長田頼宗選手です。ターンは多少重めの進み方でも、行き足から直線のインパクトがありました。優勝戦でカドから好スタートで攻めてこようかという中田竜太選手に対しても「伸び返して自分の方が足は良かったです」と帰り際にも喋っていました。今極端に回す調整をしていないから、この足のままで回る条件になって勝手にターンが軽快になれば・・・そういう意味で季節の話しが冒頭に出ている訳です。いづれにしても本体の良さがあることには間違いはありません。
優勝実績3回で誰が乗ってもほぼ上位!!!SG直近にも山崎郡選手がシリーズリーダーで優勝!!その後もコンスタントに上位級の仕上がりでファンもインプットしていることでしょう。3月から6節使われて5優出、優勝戦②が3回、優勝戦③が2回と名場面を演出して連に絡んでいます。「行き足凄い・・・」「モーター様々・・」などその凄さを語る選手が多いです。
 蒲郡で1年間を通して、上位で突っ走ったモーターは久々です。G1の前検特訓から目立っていた新田雄史は「全てにおいて余裕がある感じで、やっぱり良いモーターっていう感触です」と手応えを早くも得ています。

  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
No.38

隠れ好素性からメーカー機に!!!

2024/6/8更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
219 8 1 6.29 6.75
47.9 60.4

 初おろしで岩橋裕馬選手がデビュー初優出。そのときは出足関係は良かったが、もうすこし伸びがあるといいのかなと感じていました。4節目に使用した渡辺豊選手が準優前にピストンを2個交換しました。これによって直線への繋がりも出ました。その後に使った泥谷選手が「こんな出足型のペラなのにスリットから出ていく、きっとSGの時には良い足に仕上がりますよ」と話していました。そのSGではリズムに乗り切れなかったとはいえ原田幸哉選手が鋭い行き足を見せて本人評価も高かった。 30%ちょっとしかないのが不思議な程です。
 SG後に温水パイプが付いてからも堅調で、軒並み上位級の動きを見せている。正月レースも中村泰平選手がパンチ力ある足色でオール3連対。天野友和がハイパワーで優勝。川上剛や久田敏之も実戦足を上位で優出。大須賀友の時も「行き足出足は自分も、伸びは51号機の本多選手・・・」と言うように、微妙な味付けでトップクラスの3基は足色に変化が出ます。この38号機は行き足出足で仕上げた方が良い傾向に感じます。

  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
No.63

最初から伸びていた+昨年の好モーターの部品装着で!!

2024/6/8更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
260 3 2 5.22 5.37
33.5 27.9

 新モーターの航走タイム測定でトップのモーターが実はこの63号機です。伸びてはいたが、乗り心地とターンがなかなか両立しなかった。SG長田選手の整備、温水パイプ効果もあってか、冬場そこそこのパンチ力がありながら旋回系が伴ってきました。その後は行き足直線はしばしばインパクトがあるも、やはり乗り心地ターン系が伴わないことが多かったです。東海ダービーで早々と池田浩二が昨年良かった部品のセット交換!!!!スリットから連日余裕を見せながら、終盤はグリップターンにもオッケーサインが出て見事に優勝を決めました。その後には静岡の牟田奨太がデビュー初優勝!!!時にボートとのマッチングでピット離れに課題が出たりいうシリーズもあったが、現状の33.5%を完全に無視して考えたい動きであることは間違いない。数字があまりないからこそ注目したい!!!!

  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/8~12
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/8~12
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
No.40

使い納め間近に急上昇!!!

2024/6/8更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
220 3 0 5.84 6.11
40.9 45.9

 12月に湯川浩司が使用時は整備が繰り返されて、正直苦しんだ印象しかなかった。その後の金子拓矢が優勝戦1枠で乗りながらも、ハイパワー38号機の地元天野友和の前に敗れました。そこから部品に当たりが付きだしたのか徐々に上向いた印象です。3月野口勝弘が使用時には行き足上位で出足系に仕上がった。62号機の伸びも宮下、63号機で牟田奨太が初優勝!!!結果優出③でしたが、その辺りからインパクトが出てきました。それでも上とは少し差がある中堅上位。乗り手の調整で上下動する程度としか評価はしていませんでした。ただここ2節、回した牧山敦也。止めた土山卓也と反応の出かたに興味が沸いた。「温水パイプが取れてからが更に良くなっているんでしょう。先輩の62号機の室田さんよりも止められています」と言うのです。GIはパンチを求める柳生泰二、何かを起こしてレースを盛り上げてくれないかとワクワク感が増します。

  • 4/13~18
    トランスワードトロフィー2024
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 4/13~18
    トランスワードトロフィー2024
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
No.22

温水パイプ前後から急上昇!!!

2024/6/8更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
222 5 1 5.04 5.53
31.5 30.2

どちらかというと夏場は普通から低調気味の印象でした。準優6レース制の中村泰平選手が「好みのターン回りで良い感じですよ」と優勝を飾りました。その後温水パイプがついたシリーズでは、伸びのインパクトからバランスをとった吉川貴仁選手も上位クラスで優出④。その後に堀本和也が、最近挑んでいるピット離れ仕様にも反応が出ていました。この癖のあるペラになって、この先が心配されましたが、2節後に新ペラ交換。これでまたスタンダードな形となり、ペラでの下降もありませんでした。その後の渋谷昭憲がバランス中上上の気配で優出⑤。東海ダービーでは直線のインパクトで黒野元基選手がGI2回目の優出を果たしました。10月までは18%しかなかった2連対率が、今は35%まで上昇しています。4月半ばから温水パイプが外れてからの動きがコンスタント。GI2節まえの伊倉光選手のパンチ力は上位と評価されてきたモーターとの距離を詰めるまでの動きになった。周年記念は河合佑樹選手が引き当てた「このペラでこの足ならもっと直線とか足を求められそうです。今でもそんなにストレスないくらいなので、ペラやっていきますよ」と期待のコメントを残してくれています。  

  • 4/13~18
    トランスワードトロフィー2024
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/8~12
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 4/13~18
    トランスワードトロフィー2024
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/8~12
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
No.68

ちょっとした調整で大きく変化!!

2024/6/10更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
224 6 1 6.11 6.12
47.3 43.8

 今回のモーターは軒並み60番台のモーターが良いので、何か調整が合えば出てくるのではと正直期待していました。5節目使用までは中堅上位までの動きで行ったり来たいという感じでした。ところが今期好調の地元野口勝弘選手の調整で様変わりをしました。「出足しか求めていないのに、このモーターは伸びもそこそこあります」と9戦6勝をマークした。出足上位で伸びにやや振っているメンバーにはストレートだけは上がいましたが出足に強烈な反応が出ました。外周りの調整もマッチングの味噌なのかもしれない!!!
 秋口チルト3にした堀之内選手が確かな伸びの手応え。そのSGでは池田浩二が足の良さを口にしながらも、ペラの癖が取れずに苦労をしました。その後にペラ交換があり通常に戻りつつあったが、一月に仲道大輔が最終日にチルト3にしました。その後の選手は片面だけで回して調整を進めました。片面が伸び型になっているので直線には威力があります。元々本体にはポテンシャルがあるので、ペラ調整でどう好みに近づけるのかが鍵となります。

  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 3/28~4/3
    ガマゴリうどん杯
  • 4/25~28
    土曜夜は『テレビ愛知あたりまえワールドが最高!』杯
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
No.48

密かなパンチ力!!!%がこれからどこまで上がるか??

2023/8/31更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
201 1 0 5.21 6.14
29.9 42.9

 正直水面でも着順のアピール度は高くはない。はまれば大注目モーターに化けるのではという期待感があるからこそ、こういうところに取り上げたいと思っています。初おろしの時に、軒並み回らないから必死にペラで皆回しているなかで「1走目でピット離れで鳴いて遅れたのは回りすぎでした」と地元の平野和明選手が話したのです。その節優勝した枝尾選手が「今節は平野のお陰・・・」とアドバイスをもらいながら65号機で優勝。65号機もかなりのインパクトで推奨モーターのひとつですが、「枝尾よりも自分の方が伸びます」とシリーズ密かに動いていたのがこの48号機なのです。ペラと現象の出かた、そのうちに覚醒して凄みあるアピールをしてくれのではないのか・・・

  • 4/13~18
    トランスワードトロフィー2024
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/8~12
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走
  • 4/13~18
    トランスワードトロフィー2024
  • 5/1~5
    創刊70周年記念中日スポーツ賞 第53回竹島弁天杯
  • 5/8~12
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 5/17~22
    日本財団会長杯争奪戦
  • 5/25~30
    第2回愛知・名古屋アジア・アジアパラ大会協賛競走