実況高橋アナのモーター太鼓判

No.17

航走タイムナンバーワン!!

2018/10/22更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
114 6 0 6.36 6.31
50.0 48.7

 昨年は、導入時に行った航走タイム測定のナンバーワンモーターがWエースの一基としてレースを盛り上げました。今回もその動向が注目されたのがこの17号機です。最初に手にした鈴木諒祐選手が「最初は回りすぎで止めるのに一生懸命」とほかが逆の回す作業にも挑んでいるにも関わらず、独り違う次元の話をしていました。確かに伸びだけは節一番も、正直出足までは整えられなかったのが予選敗退の要因だったように感じます。まぁMAXの回転数を聞いたら、いまどきその回転数で走った選手はいないよね・・・・という驚愕の数字だったことにも驚きました。その調整でも決して出足がさっぱりではないことに凄さを感じてしまいました。
 これは乗る人が乗ったらバカ噴きもあり得る。そう願いたい隠れモンスターエンジン???だと期待感はナンバーワンのモーターです。
 そのパワーを調整で実体験を語ってくれたのが秋山広一選手です。伸びるわりには出足が最初は伴わないと回す調整に入った、ところがピット離れも怪しくなるはで準優に全く逆へとハンマーを振った。そうしたら全てが来たと準優敗退も最終日の仕上がりには胸を張った。「近況では経験のないパワーでないと回せないペラ形状で抜群。本体は凄いと思います」と言い残していきました。素性はエース!!間違いないであろう。
伸び型好みの選手が引けば派手に👊力で沸かせるが、出足回し調整の選手が手にすると楽しみが半減するかもしれない・・・

  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/7〜11
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 12/1〜5
    第47回 家康賞
  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/7〜11
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 12/1〜5
    第47回 家康賞
No.33

調整で反応!!期待感は大きい!!

2018/11/17更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
129 5 3 6.45 7.02
48.1 53.3

「新ペラ叩いてすぐに反応が出たし、出足が良くなったわりには伸びもマズマズ」と8戦2勝5連対でまとめたのが宇野博之選手です。やった調整を聞くと、確かに伸びが落ちてもおかしくないのに直線も維持されていたのです。
 2節目の本橋克洋選手はいつも素直なコメントをだしてくれなすが「このモーター良いよ・・・気になったリングは交換したけど、終盤あたりもついたし、旋回後期のあとちょいの部分だけ・・・」と高いレベルでの仕上がりを披露し優勝戦Bと暴れました。選手の話のトーンからも、その手応えはこれから動きそうな雰囲気があります。
 野長瀬選手は得点2位で優勝戦も2号艇で優勝を逃したがトップクラスの動きうぃ披露!!次の地元鈴木勝博選手はシリーズを飛ばして優勝を手に入れました。ペラを大きく外さない限り、上のクラスで動くポテンシャルは実証済みである!!
SGボートレースダービーで守田俊介選手がパートナーとして頂点に立ったことで有名になりました!!

  • 9/12〜17
    蒲郡ボート大賞 スポーツニッポン創刊70周年記念競走
  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
  • 9/12〜17
    蒲郡ボート大賞 スポーツニッポン創刊70周年記念競走
  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
No.59

コンスタントに中上、マッチグ次第で上位進出!!

2018/6/29更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
119 4 0 5.74 5.23
42.0 39.5

ゴールデンウィークの仲口選手がピット離れから飛び気味になるし、そこそこの良さは出ながらも中堅上位に留まった。そのあとの大澤普司選手が自分のターンの好みにならないとペラで止め調整に入った終盤にターンに力感増してレース足での良さが出始めた。その後の松尾祭選手はノーハンマーで優出B、鳥飼選手もややパンチ力は上の存在で優出Aとした。
 常に中上、時にはそれ以上のパフォーマンスが舟券作戦には忘れてはいけないモーターだと言えます。

  • 9/12〜17
    蒲郡ボート大賞 スポーツニッポン創刊70周年記念競走
  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
  • 9/12〜17
    蒲郡ボート大賞 スポーツニッポン創刊70周年記念競走
  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
No.27

温水パイプ装着からの急浮上モーター

2018/12/15更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
121 2 1 5.82 6.09
43.8 42.8

初夏の頃には回転をかなり上げた調整で出足行き足の反応は出ていたモーターではあります。ただペラ形状が変えられ不安定さがありポテンシャルがなかなか読み切れなかった。温水パイプが装着後は足に自信のコメントが出てファイナル1号艇で優勝戦を戦った竹井貴選手、その後の谷津幸選手もペラで反応が出て、優勝戦はカドを見越しての伸び型調整が当たって4カド捲りでてっぺんを取っています。冬場急浮上モーターとして記憶しておきたい!!!!

  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/11〜16
    スポーツ報知杯争奪 第10回 ビクトリーカップ
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/11〜16
    スポーツ報知杯争奪 第10回 ビクトリーカップ
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/17〜20
    日刊ゲンダイ杯争奪 蒲郡トトまるナイト特別
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
No.73

コンスタントに中堅上位!!時には上にも食い下がる。

2018/11/8更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
132 1 0 5.69 5.80
37.1 34.8

航走タイム計測も比較的早く、初おろしの後藤孝義選手から実はある程度の反応は出ていました。その後の高橋勲選手に矢後剛選手も上位にはわずかに届かずもバランスの好ムードの気配アピールがありました。お盆の坂元選手も行き足光ってマッチしているときはターンの感じも伴い優出B。混合戦でも優出は逃したものの11戦8連対の活躍を見せたのが守屋美穂選手です。SGでは篠崎仁志選手が出足関係は手応えと伸びの部分以外は満足そうな表情をしていました。本体素性自体は上位の次の位置づけも、他との兼ね合いで優勝も狙えるモーターとしてとらえたい!!

  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/7〜11
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
  • 12/1〜5
    第47回 家康賞
  • 9/25〜10/1
    G3 オールレディース 第9回 夜の女王決定戦
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/7〜11
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
  • 12/1〜5
    第47回 家康賞
No.65

マッチングすれば期待度は大

2018/10/10更新
出走
回数
優出 優勝 通算 近況5節
勝率/2連率
136 1 0 5.74 6.17
37.5 40.4

成績こそ舟足イコールではなかったものの、最初に使った平野和明選手本人はなかなかの動きの良さに「リズム的なものなのかいかしきれていない」とややもどかしそうでした。最初からやや伸びる感じがあり、ぺら調整で手前からの加速が良くなり行き足から繋がる様子で出足も悪くなかった。烏野選手はどちらも強めの中堅上位。
ターンは重めも、行き足直線良くて中上上の仕上がりだった宮地秀選手は密かにパンチ力は噂にも上りました。その次の柴田光選手はペラで出足に寄せたがレース足はアピール十分でした。秋口に入ってからは山室選手に、女子レースで自己最高成績で戸敷選手が準優惜しくも3着ながらも、行き足出足の良さで頻繁に舟券貢献を果たしました。

  • 10/11〜16
    スポーツ報知杯争奪 第10回 ビクトリーカップ
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/7〜11
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
  • 12/1〜5
    第47回 家康賞
  • 10/11〜16
    スポーツ報知杯争奪 第10回 ビクトリーカップ
  • 10/23〜28
    SG 第65回 ボートレースダービー
  • 11/7〜11
    マンスリーBOATRACE杯争奪戦
  • 11/23〜27
    第3回 蒲郡みかん杯
  • 12/1〜5
    第47回 家康賞